カートをみる 会員ログイン・新規登録 ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
 

磁気活性水を使用!

全ての商品に、田舎の美味しい水をさらに磁気活性化させたものを使っています。

−こだわりの水「磁気活性水」とは?−

小さい水
磁気活性水とは磁力で変化した特殊な水のことです。
通常の水は分子が10数個連なった集団(これをクラスターといいます)になっています。
これが磁界の中に置かれると、細分化され、普通の水より浸透性と溶解性に優れた性質を持つのです。

磁力を持つ
金属は磁界に入れておくと、それ自体が磁力を持つようになります。

マイナスイオンが多い
磁気活性水は、水道水よりマイナスイオンが多く含まれています。

「山形の水」って?

山形県の良いところは、「蕎麦、米、果物といった食材が豊富」
「酒がうまい」。

食材にしろ、日本酒にしろ、そのおいしさの
源は「水」。山形の水って?


山形の水のおいしさを理論的に説明してくれたのは
山形大学理学部の中島和夫教授。

「山形は山々に囲まれ、原生林が多い。ここに雨や
雪解け水が浸み込み、腐葉土やいくつもの地層を
くぐりぬけて澄んだ水に濾過(ろか)される」

特に、ミネラルが豊富で、口当たりのよいまろやかな
水ができる。

県外から来た大半の人が「山形の水はおいしい」
「カルキ臭さがない」と口をそろえます。

食てけろ屋のそばづくりは、このおいしい水が
あってこそ!と自然の恵みに感謝しています。

ページトップへ